« 今度は・・・ | トップページ | 先月は後半もすごかった!! »

2008年4月14日 (月)

どこまでいってもダメな奴はダメなのか

 俺が苦しい時っていつも誰かに助けられてきた
 
 それは今でも変わらない
 
 でも、本当は俺はそんなことしてもらえるような人間じゃないんだよ
 
 今の俺がこうなのは、過去にやってきたいろんな事の因果が巡ってきただけなんだ
 
 だから、優しくしてもらっていいわけなんてないのに、優しくしてもらって、それにまた甘えちゃう・・・
 
 せめてその分その人が苦しいときに少しでも力づけてあげたいのに、乾いた言葉しか出てこない・・・
 
 きっと、自分自身の心が乾いてるからなんだろな
 
 優しくできる強さが、守ってあげられる強さが、そして全てを捨ててでも貫き通す強さがあったらきっと違ってたんだろな
 
 結局どれも半端だったから大事な人も、他の色んな人も傷つけてきちゃった
 
 大人になって行く過程で強くならなきゃいけなかった部分、それがどこかで狂っちゃった
 
 どこで間違えちゃったのかなぁ・・・
 

 あの時、もう二度と追いつく事はないんだって思ったあの時、諦めちゃったのかな
 
 それまでは一所懸命早く大人になろうとしてたのに
 
 それも無駄だなんて思ってないけど、でも、それを自分の強さと優しさに変えることができなかったのは俺自身の弱さ
 
 だからこんな風になっても当然の報いだし、助けてもらうような価値なんてないのにな
 
 しかも助けてもらうばっかりでちっとも助けてあげられない
 
 一体今まで何して生きてきたのかなぁ
 
 俺の心の時計はあの時止まってそれっきりになっちゃったのかな
 
 きっと組合にがむしゃらになってたのはあのときの記憶から逃げるためと理詰めで会社と闘って、熱意で組合員と闘って、上部団体やら余計な金をたかりに来るやくざや右翼みたいな周りの色々なことと闘うことで自分の弱い部分から目をそらしてたんだろな
 
 だから、自分の中のコップがいっぱいになってもそれが割れちゃうまで辞められなかったんだろな
 
 きっと最後の砦みたいに思ってたんだろな
 
 コップが割れて、組合からも仕事からも離れても、いまだに自分と向き合うことができないでいるままの俺に何か存在価値ってあるのかな
 
 優しくすることもできないで、励ますこともできないで、ましてや誰の力にもなれないで
 
 人にはあれこれいうけれど、それも全て上滑りの言葉
 
 心をさらけ出して素直になるのを怖がってるのは俺だよ
 
 いまだに誰にも言えない事を隠し持って、汚い部分を隠そうとしてるのは俺だよ
 
 何もできなかったんだから、何も助けられなかったんだから、せめてそれを記憶の中にしまって、ただ生涯かけてでも待つっていう事以外にできることはないのに、それすらもできないでいるのは俺だよ
 
 自分の都合だけで生きてるのは俺自身なんだ
 
 何人も傷つけてきて、追い込んできて、それなのに自分が寂しいとか辛いとか、勝手な事を言って誰かを求める・・・
 
 つくづく愛想が尽きてきたよ
 
 大体さ、こうやってここに書いてる時点で逃げてるし
 
 書く事で逃れようとしてるんだ
 
 ほんとに嫌なダメな奴・・・
 
 かといって死ぬ事もできないし、死にたいなんて思いもしない
 
 なんなんだろう俺って
 
 跡形もなく、生まれた事すら含めて消えられたらきっとどんなにいいかなぁ
 
 マイナスだけならせめて消えて0になれたら誰にも迷惑かけないで済むのに・・・
 
 なんだかすごく疲れたよ

|

« 今度は・・・ | トップページ | 先月は後半もすごかった!! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535020/44175864

この記事へのトラックバック一覧です: どこまでいってもダメな奴はダメなのか:

« 今度は・・・ | トップページ | 先月は後半もすごかった!! »