« やっと車検にめどが付いた~!! | トップページ | さよならSRX »

2010年9月26日 (日)

パイソンに敗北・・・

 もう結構前に買ったんだけど、真鍮メッキのコクサイのパイソンがあるんですよ

 で、パイソンって中のグリスが古くなると動きが悪くなるんだけど、俺のも動きが渋くなってきたから・・・そう、開けちゃったんですよ

Imgp1013 でね、昔だったらしょっちゅうばらして組んでってやってたから大丈夫だったかもしれないんだけど、なんせこの10年以上は買うことはあってもメンテナンスなんてしてなかったもんだからすっかり組み方忘れちゃって格闘する事5時間

Imgp1014 しかもね、組もうとしていくとどんどん色んなパーツが外れていくから思いきって一度ドンガラにして再挑戦したんだけどやっぱりダメ・・・

 一見組めた様に見えてもサイドカバーが組みつけられなかったり

 でも、ちゃんと動くかどうかは別にしてもとりあえず組んでおかないとパーツがばらばらになっちゃうんでがんばりました

Imgp1020 シリンダーが入りませんweep

 でもまぁとりあえずは形にはなったから、今度モデルガン屋さんにでもお願いして組み直して貰いますよ

 恥ずかしいったらありゃしない

 

 一応ね、意味がよくわからない人もいるだろうからいいわけしておくと、S&Wはパーツどうしが点で接触してるから多少グリスが古くなろうが普段いじってさえいれば動きはスムースなんですよ

 で、組むのもコルトに比べれば遥かに簡単なんだけど、上記の理由に付きバラス事なんてほぼ必要なし

 発火させちゃうと全部ばらして洗っておかないとダメだけど、俺の場合は発火させないんで必要ないんですよ

 

 で、方やコルトはっていうとローマンとかトルーパーのマークⅢからあとの奴はだいぶ構造が簡単になってるから、俺がはじめて買って貰ったローマンのマークⅢの金属の奴なんかは発火もさせてたしセフティバーがすぐ折れちゃうんでしょっちゅう分解組み立てしてたから全部ばらして組み直すのに多分30分かからないでメンテナンスできてたんですよ

 だけど、パイソンとかM1917なんかに代表されるいわゆるネービー系列のダブルアクションはパーツが面で接触してるからグリスが固くなっちゃうと動きが悪くなるんですよ

 おまけになぜか知らないけど一本のメインスプリングで色んな事やらせてるもんだから組みつけが面倒

 さすが19世紀の遺物です

 

 そういう意味でいうとS&Wのダブルアクションの機構だって元をさかのぼればハンドエジェクターになって、今の形になったのがミリタリー&ポリス、今でも人気のM10なんかのKフレームになってからだから余裕で100年以上は経ってるんだけど、いまだにメンテナンスせい含めて優れたもんです

 

 はじめはねぇ・・・ばらすつもりなんて全然なくて、単にCRCをブシュッとやろうと思ってたのに、あれって垂れてくるとグリップがプラなもんで割れちゃうんですよ

 で、ばらしちゃってこの始末

 

 でもなぁ、今時のモデルガン屋さんって組み直したりしてくれるのかなぁ

 エアガン全盛だもんねぇ・・・・

 とりあえず電話で聞くだけ聞いてみよっと

 それにしても疲れた・・・

 

暇つぶしにでもなったらポチッとClick!!お願いしますm(__)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

|

« やっと車検にめどが付いた~!! | トップページ | さよならSRX »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535020/49562222

この記事へのトラックバック一覧です: パイソンに敗北・・・:

« やっと車検にめどが付いた~!! | トップページ | さよならSRX »