« なんか納得いかないNUTECKの対応 | トップページ | ミッションオイル難民 »

2011年4月 5日 (火)

実は同じ粘度だったNUTECKのUW75とZZ31

 先日の記事で伊藤自動車工業さんのじいちゃんの悪口書いちゃいましたが、わたくしが間違っておりました

 

 どういうことかっていうとね、今度入れて貰うZZ31はニューテックのサイトでみるとエステル系になってるんだけど、どうもエステルと鉱物油のブレンドみたいなんですよ

 それに対してUW75は完全な合成油

 その違いだけで粘度は両方とも同じ75W-85でした

 じゃぁなんで俺のカプチみたいな車にはZZ31の方をニューテック側では推奨したのかっていうと鉱物油系の油膜の厚さらしいです

 うん、違いはそれだけ

 だから化学合成と鉱物のどっちがいい?ってだけ聞いてきたおじいちゃんは悪くない

 もっともより商品知識があれば10万キロのっていうのは言ってあるからZZ31の方を勧めてくれても良かったんだけど、普通そこまでの知識は持ち合わせてないだろうからしょうがないです

 で、今それよりも悩んでるのがそのニューテックのQ&AでUW-75とZZ-31とのブレンドも併せて推奨してる点

 この辺りはやってみないとわからないもんなぁ・・・

 まぁ、オイル代その物は大して高いものでもないし気にはならないんだけど、その度に工賃が・・・

 前から言ってる通りで自分じゃやらないからね、俺

 本当ね、フィアットとグッチ乗ってた時までだね 自分でやってたのって

 まぁそんな事はいいんですが、ブレンドにチャレンジしてみるかどうかって事ですよ

 オイルを半分抜いてZZ31を半分入れて、残ったオイルは次回に使うって事らしいんですが、どうなんでしょう

 

 現状で油膜が薄すぎてセカンドに入らない物を油膜が厚い鉱物系に変えてっていうのはわかるんですけど、それをブレンドしちゃうと鉱物系の厚い油膜っていうメリットが薄れないもんですかねぇ

 中々に悩みどころです

 これがうまくいけば走行会でも熱ダレしにくいしっかりした油膜のオイルになるんだけど・・・

 

 まぁダメならまた入れなおせばいいだけの話だからいいのかなぁ

 別にこれでミッションブローしちゃう事もないだろうし

 チャレンジしてみるか

 取りあえず今の内に試しておいて良さそうだったらしばらく様子見ればいいんだもんね

 

 これがうまくいったら次はパワーアッププログラムってのも試してみたいし

 なんせ俺のカプチもエンジン大分くたびれてるはずだからね

 まぁその前にマウント・ブッシュ・サス交換でリフレッシュしちゃおう作戦が待ってるわけだけど

 まぁ、ミッションオイルのブレンドの件は今日もっていった時にご相談ですね

 

 そういえば具合の悪い時に電話がきたからすっかり時間の話を忘れてましたけど、何時にもって行けばいいんだろう

 あとで向こうが開いた時に電話してみますね

 ブレンドがうまくいけば一番いいんだけどなぁ~

 

暇つぶしにでもなったらぼちっとClick!!お願いしますm(__)m
にほんブログ村 車ブログ 軽自動車へ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

|

« なんか納得いかないNUTECKの対応 | トップページ | ミッションオイル難民 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535020/51305927

この記事へのトラックバック一覧です: 実は同じ粘度だったNUTECKのUW75とZZ31:

« なんか納得いかないNUTECKの対応 | トップページ | ミッションオイル難民 »