« 椿のトラウマ克服して来ました | トップページ | カプチのオイルクーラーとヘッドライト »

2011年6月17日 (金)

椿のトラウマ克服ドライブ

 このところずっとお風呂に入れてなくて外出もできなかったんですけど、一昨日の夜と言うか昨日の未明と言うか、ダンガンを潰して以来行ってなかった椿ラインに行ってきました~

 当然お風呂入れてないです

 と言うか、今現在でも入れてないです

 まぁしょうがないです

 出かけられただけでも良しとしましょう

 ちなみに昨日は病院の予約が2時半だったので早めに切り上げて帰らないといけません

 そんなスケジュールの中の伊豆半島半周の旅です

 

 まずはですね、午前3時にもそもそと着替えて出発です

 皆既月食が見られるはずの時間だったんですが、曇ってて月は結局見えずじまいでした

 

 で、今回は新たに導入する33φのステアリングの感触がどうかの確認も兼ねてるんで、ちゃんと六角レンチも持っての出動です

Imgp1567 まずは35φのままで例によって第三京浜の保土ヶ谷パーキングまで行って、そこで付け替えました

 それで早速走りだしたんですけど、こっちの方が違和感ないです

 ハンドルの位置もぴったり合うし、その状態で腕はどこにもぶつからず乗降性も向上しましたhappy01

 はじめは走行会の往復を35φでやって、会場の中でこのステアリングに交換するつもりだったんですけど、その必要は無しです

 これでそれほどハンドルも重くないし据え切りもできます

 手にもしっくりと馴染んで好感触♪

 

Imgp1568 そんなこんなで走り出してお約束の西湘バイパスでこれまたお約束のパーキングです

 平日の朝の5時だって言うのにもうバイクがいます

 と言うか、この天気でよく出動してきたものです

Imgp1569 いつ雨が降ってもおかしくないような天気です

 こう言う天気の時は魚釣りにはいいみたいで大勢釣ってました

 皆早起きです

Imgp1571 意味はありません

 ただなんとなくかっこよく見えたんで記念撮影です

 ここにはもう長居してる暇はないんで写真だけ撮って出発です

 このあとは真鶴旧道を通って椿まで

 今回は朝早いんでいつも通る旧国道はパスしました

 

Imgp1572 で、箱根man3でお馴染みのオレンジロードと温泉側からの交差するところでまたぱちりと

 最近カプチの画像が出番少なかったんで許してやってください

 ついでに同じアングルじゃんっていうクレームも無しで

 で、いよいよ椿です

 

 別に車が変わったからって速くなる訳ないんだけど、ダンガンみたいにこじらなくても気持ちよく曲がってくれてます

 でねぇ、本当は取りあえず大観山まで行こうと思ってたんだけど、この動画のラストの方でもう油温計のアラームがなってるのと、視界が悪そうだったんで諦めてしとどの窟にオイル冷やすためにゆっくり戻りました

Imgp1574Imgp1576 なんか凄いオブジェがありました

 でも血痕がなかったからドライバーは無事かと

 事故っていえばそうそう、真鶴走ってるところで新聞配達のカブと乗用車の事故に出くわしました

 カブがぐっしゃり逝ってて、もう他の人が救急車呼んでたんで取りあえずカブを移動させて再出発しておきました

 

 それにしてもねぇ、水温は普通のままだったんで油温計付けておいてよかったですよ

 特にエンジンに異常はないみたいだったけど、そのまま走り続けてたらやばかったかもです

 油圧も落ちてなかったから大丈夫だったんでしょう

 オイルは早めに交換した方がいいかもだけど、丁度月末に走行会があるからタイミングいいです

 

 で、いよいよトラウマの下りです

 ちょっとどきどきしつつも一気に下りちゃいます

 

 結論からいうとまだ残ってたんだけど、あっけないほど簡単にクリアできました

 車とタイヤが違うとこうも違うもんかって感じです

 ダンガンの時には完全にタイヤが浮いてグリップ失ってたのに、今回は何事もなかったようにいっちゃえました

 ここです

 

 で、ここでまた走ると油温が上がっちゃうのは確実なんで、石廊崎に向かいました

Imgp1579 途中で寄った弓ヶ浜です

 この写真の反対側ではサーファーが沢山いました

 ここまでかなりスムースにこれたとはいえ、時刻はもう10時近いんでとっとと行かないと病院に間に合わなくなっちゃいます

 で、このあとは石廊崎ワインディングと勝手に命名した県道16号線から国道365号線にかけてのワインディングを楽しんでとっとと引き返しました

 当初の予定では通勤割引の時間帯に東名で帰るつもりだったんで石廊崎に行ったんですけど、思いっきり間に合ってなかったので小田厚から東名に乗って一旦家に帰って余計な物を置いてから病院に時間丁度に行って、その足でスズキに遮熱板を取り付けて貰うのとミッション載せる時に外しちゃったらしいリモコンドアロックの配線を戻してもらうために車を置いて、帰りはとことこ歩いて帰りました

 

 昨日は結構動いたせいと寝不足で動画をアップしてる途中で寝ちゃったんだけど、一通りこなせてよかったです

 それにしてもオイル、オメガとかレッドラインだったら大丈夫だったのかなぁ

 オイルクーラー、欲しいなぁ~

 

他の動画も見てやろうかという奇特なありがたいお方はこちらから(別窓が開きます)

 

暇つぶしにでもなったらぼちっとClick!!お願いしますm(__)m
にほんブログ村 車ブログ 軽自動車へ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

|

« 椿のトラウマ克服して来ました | トップページ | カプチのオイルクーラーとヘッドライト »

コメント

オイルは300V入れてました。熱に強いと信じて峠だろうがサーキットだろうが交換は半年に一回。(^^;
油温計付けてなかったし~110℃超えたことに気付かなければそれは超えてないのだ。シュレディンガーの猫。(違うか)

ギャップって7sくらいのですか?
結構激しいですね。
確かに跳ねたら前輪空中飛ぶかも。
カプチは少々飛んでも怖くなかったな~
やっぱり重量配分がよいからですかね?
腰にはくるけど。

ヘルメットカメラだと目線の方向を撮影してくれるからきっと臨場感が違いますよね~
ボーナスも無事に出たし買っちゃおうかな。

投稿: うかわ | 2011年6月21日 (火) 08時50分

>うかわさん

 こんにちは~
 油温って知らなければ知らないで幸せなんですよねぇ
 多分以前にいったオートバックスの走行会でも油温は110度越えたんだと思いますが、そのときは油温計も油圧計も付けてなかったし異常もなかったんでそのまま1ヒート20分走ってましたsweat01

 ギャップはそうです7s位の左コーナーです
 丁度また具合のいい事にブレーキング中のところにあるんですよねぇ
 バイクの人達なんかはどうしてるんだか想像するとちょっと怖い物があります

 同じダンガンでも2駈だったら重心が低いんで大丈夫だったかも知れないんですけど、4駈はエンジンの下にトランスファーが置いてあるのでものすごく重心が高いんですよ
 ほんと、あの感覚は嫌ですねぇ

 カメラ、逝っちゃってください♪

 動画撮ってると自己満で楽しいですよ~

投稿: たけ | 2011年6月21日 (火) 18時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535020/51969085

この記事へのトラックバック一覧です: 椿のトラウマ克服ドライブ:

« 椿のトラウマ克服して来ました | トップページ | カプチのオイルクーラーとヘッドライト »