« 濃厚だった宮ヶ瀬vol2 | トップページ | 明日はパワーチェック~ »

2011年11月11日 (金)

濃厚だった宮ヶ瀬ファイナル-スピットファイアの巻き-

 順序的にはこれがVOL2に来るはずなんだけど、個人的に一番萌えたので最後に

 そう、皆でまだしゃべってるときなんですけど、軽やかな排気音と共にこれが登場!!

 

Imgp2151 そう、トラアンフのスピットファイアの中でも最強のMk3です!!

 1300の中ではもっとも熟成されていて、なおかつ排ガス規制前なのでいわゆるフルパワー

 このあとMk4っていうのが後の1500と同じ外装で出てくるんだけど、こっちはもう排ガス規制対策でデニスストロンバーグのシングルキャブでパワーも確か63馬力くらいしか出てなかったと思います

 このあと出てくる1500はパワーアップのためと言うよりも排ガス対策出たエンジンで、MGミジェットと同じエンジンです

 とは言っても開発はあくまでもトライアンフで行ったんだけど、パワー的にはこのMk3と同じです

 でもオーナーさんのお話ではやっぱり同じ馬力でも排気量がある分1500の方が速いし楽だって事でした

 

Imgp2150Imgp2152Imgp2153Imgp2154

 イギリス車のくせに(失礼!!)このイタリアの匂いがぷんぷん漂う流麗なデザインは当時絶賛売り出し中のミケロッティーの作です

 ミケロッティーは意外と日本とも係わり合いがあって、プリンスのスカイラインスポーツとか日野のコンテッサなども手がけてます

 俺、実をいえばMk3を見るのは初めてなんですよ

 で、それまで内装は1500の方がいいなぁなんて思ってたんだけど、実物を見てしまうと大いに悩みます

 まぁ、悩んだところで買えるわけじゃないんですがdown

 

Imgp2155Imgp2156Imgp2157 これ、ハンドルの右下に追加メーターがついてるんだけど、これは元々デスビからケーブルでタコメーターを動かしてたのをデスビを交換したために追加したとの事

 でも文句なくかっちょいいです

 

Imgp2158Imgp2159Imgp2160 このがばっとフェンダーごと開くっていうのはいかにもスポーツカーなんですが、それはあとで説明するとしてまずはきれいなMk3のエンブレムとSUのツインキャブに注目です

 当時は日本でもスポーツカーといえばSUのツインキャブでした

 で、かなりの数が出たんで確か今でもパーツは手に入ったと思います

 

 ところでトライアンフは同じ時期のBMCが大半の車をモノコック化していたのに対して旧態然としたラダーフレームを採用していました

 それはこのスピットファイアにも当てはまり、これは当時のトライアンフの小型乗用車のヘラルドにスポーツカーのボディを乗せただけ

 つまり、ヘラルドもボンネットはフェンダーから開く構造になってたんですよ

 なんでこういう構成にしたのかは知らないか忘れたかしてますが、その辺りモノコックを採用していたMGやこの頃になると単なる姉妹車になっていたオースチンヒーレーが一からボディをデザインしなければいけなかったのに対して手軽です

 でも、そのせいでフレームの強度は問題なかったけどボディそのものは元から応力を受けない設計なんで緩々らしいです

 

 ところできちんと写真を撮ってないんですが、この車もそうなんだけど4速ミッションなんですよ

 それはMGB辺りでも同じなんだけど、オーバードライブはオプションなんですよね

 どういうことかっていうと、電磁クラッチを使って4速の出力ギアを迂回させて駆動させるんですけど、3速から大抵の車は使えたんで、実質6速です

 でもこれがまたよく壊れるっていうのは有名な話で、今残ってる車は大半が4速なんじゃないかなぁ

 俺、スピットファイアも買うつもりだった時期があってあれこれ調べてたんだけど、OD付はスピットファイアでは見つからなかったです

 MG-Bで数台あったかな?って程度

 

 俺ね、カプチを買ったのは確かにヤフオクをながめてて一目ぼれしたからなんだけど、その大元になったのはこれこそ現代の技術でよみがえったスピットファイア、いい替えればブリティッシュライトウエイトなんじゃないかと思ってたんですよ

 やっぱりね、車重を考えてもロードスターはMG-Bクラスのミドルウェイトにしか思えなくて

 俺、一生のうちに乗ってみたい車って2台あって、それがスピットファイアとフィアットの124スパイダーなんですよ

 で、124スパイダーはもう乗ったから残るはスピットファイア

 それにしてもね、「68年ですか?」って聞いたら67年との事

 俺と同い年です

 やっぱり維持していくのは大変だろうなぁ

 買うだけは買えても維持できなきゃ意味ないし

 早く社会復帰してがんばらねば!!

|

« 濃厚だった宮ヶ瀬vol2 | トップページ | 明日はパワーチェック~ »

コメント

ううーん、これは素晴らしい。こういうのがいいですねえやぱり。
ラジエータ、意外と大きいんですね。これなら真夏でもなんとかなるのかな?

投稿: ケビン | 2011年11月11日 (金) 21時28分

>ケビンさん

 ね、こういうの見てると欲しくなっちゃいますよね~

 ラジエターは・・・多分ダメでしょ
 124にも巨大なラジエーターついてたけど、渋滞なんかにはまるとヒーター全開でしたもん
 多分このラジエターでどうにかしようとするくらいならコア作ってもらっちゃったほうが早いと思います

 もっともそういう事ができるラジエター屋さんって中々ないんですけどねぇ

投稿: たけ | 2011年11月11日 (金) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535020/53219614

この記事へのトラックバック一覧です: 濃厚だった宮ヶ瀬ファイナル-スピットファイアの巻き-:

« 濃厚だった宮ヶ瀬vol2 | トップページ | 明日はパワーチェック~ »