« オイル・エレメント交換♪ | トップページ | M10組もうと思ったら・・・ »

2013年9月 7日 (土)

マルシン スーパーレッドホーク バレル分解 ウエイト増

 長ったらしいタイトルですね

 はい、検索に引っかかりそうにしてみました

 でもちゃんと自分で見つけたことも書くので許して

 今回やるのはバレルの隙間に鉛テープを巻いて重量とバランスを改善しようってことです

 ただ、残念なのはうちには調理用の秤っていう普通はどこの家庭にもありそうなものがないのでいったいどれだけ増えたのか計れないってことです

 まぁ、持ってみた感じバレルにも重さを感じられたんで成功です

 では手順を

 

Img_20130906_233022_078 まず用意するもの

 マルシン スーパーレッドホーク

 鉛テープ

 六角レンチです

 俺のはXカートリッジなんですけどそうそう金型を作り直すとも思えないんで旧モデルにも適応できるかもです

 ちなみに消えゆく運命の8mm.です

 

Img_20130906_233103_094Img_20130906_233339_726 フロントサイトを外すとその下にネジがあるので、まずはサイト正面にある小さな穴をポチっと

 そうするとフロントサイトの後ろ側が浮いてくるのでそのまま外します

 ついでにプランジャーは邪魔なだけなのでついでにこれも外しておきます

 

Img_20130906_233426_442 ちょっとピンボケで見えづらいですけど写真中央の穴の奥が問題のイモネジです

 これのサイズがわからなくて手こずりました

 手持ちの1.25だと緩々で、3mmイモネジの規格だと1.5ミリらしいので、念の為にそれの前後も入ってる奴を買ってきたんですが、大正解!!

 1.27mm.です!!

 

Img_20130906_234048_649 ここまで来ちゃえばあとはどうってことなくアウターバレルはそのまま引き抜けます

 アウターバレルの左右の位置決めはフレーム側なんですけど、固定してるのはフロントだけ

 しかも適当に締めてるだけ

 やっぱりトイガンですね

 ちなみに・・・トリガーユニットの外し方がわからないんで誰か教えてくださいm(__)m

 

Img_20130906_234102_050_2Img_20130906_235814_142 ここまで来ればあとは鉛テープでぐるぐる巻きにしていくだけです

 俺が使ったのは0.3ミリの音響用のなんですが、普通にはさみで切れるので隙間を調整しやすいです

 あとはばらした手順の逆をやって組み立てればOKです

 まぁ・・・実はちょっと気になることもあるんだけど・・・おわかりですね?

 俺はそのまま巻いちゃいましたけど、気をつけてくださいね

|

« オイル・エレメント交換♪ | トップページ | M10組もうと思ったら・・・ »

コメント

うーん・・・むず・・

投稿: sara | 2013年9月 8日 (日) 20時38分

>saraさん

 いやぁ、これ、モデルガンだったらもっと面倒なんだけどね
 てか、この部分は分解できないし

 組まなきゃいけないモデルガン2丁あるんだけど、面倒くさくて1年以上放置sweat01

投稿: たけ | 2013年9月 8日 (日) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535020/58146059

この記事へのトラックバック一覧です: マルシン スーパーレッドホーク バレル分解 ウエイト増:

« オイル・エレメント交換♪ | トップページ | M10組もうと思ったら・・・ »